水虫に感染する原因と予防方法

女性の脚

水虫は、白癬菌と呼ばれるカビの一種が皮膚表面の角質層に寄生することで発症します。白癬菌はカビの一種なので、食品や浴室などに生じるカビ同様に高温多湿な環境で活発に増殖するという特徴があります。

水虫の感染経路として最も多いとされるのが、家族感染です。白癬菌は人間の体を離れても一定期間生存できるため、家族内に水虫患者がいる場合、家中のいたるところに白癬菌が潜んでいる可能性があります。特に、高温多湿な環境が整いやすいバスマットや患者の剥がれ落ちた皮膚が溜まりやすい畳やカーペットなどには白癬菌が多く存在している恐れがあります。そのため、水虫患者が家族にいる場合、バスマットは水虫を発症している人専用のものを用意して、こまめな洗濯を心がけましょう。また、可能な限り毎日掃除機をかけて、畳やカーペットの中に潜んでいる白癬菌を排除する必要があります。さらに、水虫患者が使用したスリッパや爪切りなどにも白癬菌が付着している可能性があるため、これらを共有しないようにすることも重要です。スリッパはこまめにタオルなどで拭き、爪切りは使用後に中性洗剤で洗浄した上でしっかり乾燥させましょう。

また、家の中だけでなく、外出先でも感染に注意を払う必要があります。特に、不特定多数の人が利用する、公衆浴場やジム、プールなどの施設に設置された足ふきマットや床には白癬菌が潜んでいる可能性が高いです。このような施設内を裸足で歩き回ることで、足裏に白癬菌が付着することで水虫発症につながります。なお、公衆浴場の場合、浴槽内のお湯から感染する可能性は非常に低いものの、浴槽の縁やイスなどから感染する可能性は十分にあるため注意しましょう。

しかし、白癬菌は、皮膚に付着したとしても、角質層に寄生するまでには24時間程度かかると言われています。そのため、帰宅後に足を洗ったり、毎日の入浴で足を丁寧に洗っていれば水虫を発症するリスクは軽減可能です。たとえ、外出先で入浴したとしても、足に白癬菌が付着している可能性があるため、帰宅後に足だけ洗うような習慣を身につけておくと、水虫を発症する確率は非常に低くなるでしょう。ただし、洗う際にタオルなどで強くこすりつけてしまうと、皮膚を傷つけてしまい、傷口から白癬菌が侵入しやすくなるため、優しく洗うように心がける必要があります。なお、足を洗った後は濡れたままの状態にせずに、タオルなどで水気を拭き取って十分に乾燥させましょう。

また、蒸れやすい靴を長時間履いている人は、靴の中が白癬菌が増殖しやすい高温多湿な環境となるため、注意する必要があります。できるだけ靴を脱いでいる時間を作って、内部の温度と湿度を外部に排出させることが重要です。また、毎日同じ靴を履いていると、靴の中に湿気が溜まりやすくなるため、できれば3足以上の靴を毎日履き替えると効果的です。なお、履かない靴は乾燥剤を使用したり、定期的に陰干しや殺菌消毒したりして、靴の中を清潔で乾燥した状態に保つようにしましょう。さらに、汚れていたり、湿った靴下は白癬菌が増殖するのに最適な環境となるため、靴下は毎日清潔なものに取り換えることを習慣づけることも重要です。

関連記事
水虫の主な症状や悪化した時の症状 2020年06月16日

水虫は足に発症することが多い病気ですが、一口に足の水虫と言っても、発症部位によって現れる症状は異なります。足に発症するものは、大きく趾間型・小水疱型・角質増殖型の3つの種類に分類されます。趾間型は、足の中でも蒸れやすい指の間に発症する水虫で、3種類の中でも最も多いタイプです。特に、中指と薬指の間、薬...

爪水虫にはラミシール錠が完璧に効きます 2020年05月11日

爪水虫は、水虫の原因菌である白癬菌が爪に感染することで発症します。多くの場合、足の水虫を放置していることで、白癬菌の感染部位が拡大することで引き起こされるとされています。爪水虫は、水虫の代表的な症状として広く認知されているかゆみを伴わないため、見過ごしやすく症状が進行するまで気が付かないケースが多い...

ケトコナゾールはローションとクリームに分かれる 2020年05月01日

ケトコナゾールは、水虫やカンジダ症、脂漏性皮膚炎などの治療に広く使用される抗真菌薬です。これらの病気は、真菌というカビの一種が原因で引き起こされる皮膚病ですが、ケトコナゾールは真菌の細胞膜の合成を阻害することで抗真菌作用を発揮します。ケトコナゾールの剤形には、クリームタイプとローションタイプがありま...